脳疲労とは

ストレス過剰が原因となり、脳の働きが低下した状態。
本来、大脳の中にある「理性の脳(大脳新皮質)」と「本能の脳(大脳辺縁系)」は上手くバランスを取りながら働いています。
しかし現代人の生活において大抵の場合、本能の脳が理性の脳に支配されている形になっています。
その結果、大脳は両者の適度なバランスが取れなくなってしまいます。
大脳がバランスを崩すと身体への適切な指令が出せなくなってしまいます。
この状態を「脳疲労」といいます。
運動時に脈拍や体温の安定を保とうとして働く脳の自律神経に負担がかかっていたり、同じ作業(PC、デスクワークなど)を長時間続けるなどして、脳の特定の部位を使い続けたりする場合も同じです。

脳疲労とは

ドライヘッドスパとは

水やオイルを使用しない、脳に癒しを届ける為の安全で効果的な頭の揉みほぐしです。
ドライヘッドスパの最大の目的はその施術により、心地良い睡眠へと導く事で脳疲労改善を図り、本来の正常な心身の機能を取り戻し、自分自身の持っている潜在能力を引き出すというリラクゼーションです。
頭部の筋肉をほぐす事やツボの刺激による反射区の効果を期待するような他のヘッドマッサージとは異なり、強い揉みほぐしではなく筋膜をしっかりと捉えストレッチし、快楽ホルモンを分泌させていきます。

ドライヘッドスパとは

アロマテラピーとは

アロマ(Aroma・芳香)とテラピー(Therapy・療法)をかけ合せた言葉で芳香療法とも呼ばれています。
植物の花や葉、果皮、果実、心材、根、種子、樹脂、樹皮などから抽出した100%天然のエッセンスです。
香りを嗅ぐと嗅覚刺激はわずか0.2秒以下で脳へ到達します。
嗅覚からの情報は本能の脳(大脳辺縁系)へダイレクトに伝達されます。大脳辺縁系は不安や緊張などの感情や記憶、睡眠をコントロールする中枢です。そのため、香りを嗅ぐと瞬時に気分転換できたり、昔の事を思い出すなどといった事が起きるのです。
さらに香りの情報は、大脳辺縁系から視床下部へ伝達され、自律神経系・免疫系・ホルモン系のコントロール中枢へ。身体を調節したり心身のバランスを整え、良い影響を与えてくれます。

アロマテラピーとは